いよいよ!明日から ジャパンストールミュージアム♪ ライオンがまってるよ。

日本橋三越本店で行われるジャパンストールミュージアム。
そこに自社ブランドの絽紗も選定して頂きました!!

----------------------------------------
ジャパンストールミュージアム
8/31(水)~9/6(火)
日本橋三越本店 本館1階 スペース#1(ライオン口はいってすぐ)

日本橋三越本店が、日本の文化だからこそ織りなせる、世界に誇れるストールを、三越象徴のライオン口正面で披露するイベントです。
ストールの魅力を更に知っていただくために日本の感性、技術のつまった織りの深さにフォーカスした‘作品’たち選び抜かれた4社のそれぞれ異なる技術と感性から生まれたストールにより彩られた空間はまさに、いままでにない美しき日本の布の体感型美術館。そのストールたちを、見るだけでなく、触れて感じるひとときをお楽しみください。

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/omotenashi/index.html

------------------------------------------

デビューし半年もせず、ということで「抜擢」のようにも感じますし、過大評価いただけ過ぎているのでは??と心配もします。しかし、このような場で選んで頂けたからには、全力で五泉の、新潟の、日本の商品のPRをしたい!と思っています。


さて、ミュージアム・・・
となると、アートの要素をぷんぷんを連想させてしまいますが、
自分たちはあえて作品という感じではなく、
シンプルに、「織の美と染の美」を楽しんでもらえる商品、というコンセプトでやっています。

私たちにとって、今は、素材検証のフェーズです。
どの素材に、どんな染があうのか。
どの染に、どんな素材があうのか。
織と染のフィーリングカップル状態です。
染屋さんも色々。なのでデザイン軸がありません。

それが絽紗のいいところであるとも思っています(勝手に解釈)
フラッと来て頂いて色々感じてもらえるものを心掛けています。
染めも色々。質感も色々。サイズも色々。色も色々。素材は上質だから、間違いない。
お客様と語らい、素材を手にとって感じて頂き、まとってみて楽しんで頂く。
日本橋三越ならではの趣ある空間で時を一緒に過ごせればよいと思います。


というわけで、一つの検証として、こんな商品もだしてみます。

回を重ねるごとに、手間のかかったものに挑戦。
段々着物に近づいていく・・・。
今回の一つとしては、秋の風情を感じる京友禅伝統工芸士の中條弘之氏の逸品です。
ボカシ染めで秋空を表現し、墨流し染めで風を表現し、型友禅で自然を表現し。
光沢のある紋紗で、心和らぐような秋の暖かさを表現しました。
近くでみると分かるのですが、染の技法が違うとそこに生まれる味わいが違います。
インクジェットはインクジェットの良さがあり、手染めは手染めの良さがあります。どちらも良い仕事。
ただ、一つ一つの工程を重ねていくことで生まれる、その時その時(前工程が若干違えば、後工程も若干違ってくる)の感性が人間らしく、より自分に近い存在になるのかもしれません。
それを感じに来ていただければと思います。

内田染工場さんとの連携による新作もありますよ~!
格子柄を片側プリントし、そこにグラデーションをかけ、シンプルモダンに。
手作業が2工程はいる為、これまたすべてが同じではありません。
素材は迷いましたが、春に出て評価の高かった、”ぬめり感のある絽”に。
うまくお客様に喜んでいただける肌触りを出してくださいました!!
これからの季節、気軽にシルクを楽しんでもらえたら。
あえて光沢を出すのではなく、しっとりとあなたに寄り添う一枚を目指してみました。




他にも色々。
それは絽紗のページでご紹介していこうとおもいます。
http://rosha.jp

───・───・───・───・───・───・───・───
白生地に、みらいをのせて。
株式会社 横正機業場(YOKOSHO)
URL : http://yokosho.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/yokosho.gosen
お問合せはこちら

オリジナル絹ストールブランド「絽紗 (ROSHA)」
URL : http://rosha.jp
Facebook:https://www.facebook.com/rosha.gosen/
───・───・───・───・───・───・───・───



Facebook コメント)
Twitter
comments

全国三大白生地産地として栄える五泉。良質な絹糸を丹念に操って織り上げる絹織物。200年余の間、大切に培われてきた五泉の伝統産業です。水清らかな繊維のまち五泉に伝わる『伝統の技術』と『織りの心』でお客様に感動の華を咲かせる白生地をつくります。
取扱:紗、絽、羽二重、塩瀬、綸子、襟、等

Web : http://yokosho.co.jp

横野 弘征
つくり手
横野 弘征
よこの ひろゆき
プロフィール
㈱横正機業場(YOKOSHO)専務取締役。新潟県五泉市で絹織物白生地製造を行っています。2013年に36歳でシステムエンジニアから兄と共に家業を継承するため転職。『伝統継承と革新への挑戦』がテーマ。製品(素材)の素晴らしさはもちろん、「100年企業」として培ってきた歴史を支えた職人さんこそが最大の商品として魅力を発信していきます。経済産業省認定 ITストラテジスト取得。