ケーネン ジェームス 2014年11月 記事一覧

10件中 1-10件
  • 材料欠乏!?

    2014/11/29 21:15
    次のKe-yaki イベントは、フルートデュオ「twinkle」さんの登場ですよ〜そしてクリスマスです陶芸家の軽食メニューも現在検討ちうっ。ところが! どのメニューにも必要な『バター』がいよいよ全く姿を消してしまいました。さーて困ったなんとかゲットしなくては〜〜ね、ちょうだい!?元の記事へのリンクはこちら
  • う〜らら〜

    2014/11/24 20:38
    11月のある日曜日、や〜っとのんびりできる日曜日、年末近いけどまだちょっと先、(大規模な!?)掃除を終えて、午後は2人と3匹での〜んびりできました♥スパイクは2回目のお散歩で、朝とは違うお花の匂いをクンクン。セカセカの朝とは違って、の〜んびりしたお散歩を楽しんでるぅ?川べりに立つと、どなたかと間違えているのか、鯉さん達がたーくさん集ってくるのが嬉しいけど何も投げ入れる食べ物なくてゴメンね。こんな日・・・元の記事へのリンクはこちら
  • 今年の締め!

    2014/11/17 22:40
    Ke-yaki Potteryの本年のコンサートはフルートで締めます!天使のような"twinkle"のお二人をお迎えして、素敵なクリスマスに来てもらいましょお忙しい年末とは存じますが、そんな中のひと時をゆったりほっこりご一緒できたら幸いです元の記事へのリンクはこちら
  • Thanksgiving Dinner

    2014/11/16 21:00
    「陶房の宴〜秋」は楽しく、あっという間に時間は過ぎていきました。今回のテーマは感謝祭。収穫を祝う伝統的な日に当たり、Ke-yakiでは一年中開催したい行事のひとつです!なぜか黄色やオレンジは収穫をイメージしますね〜彼には今年もお世話になります「いっただきまーす!」 あまりにいい香りでバーベキューから出て来た彼の足下では、我が家のライオンやオオカミがフムフム言いながらウロウロ。卓上にはたくさんのお料・・・元の記事へのリンクはこちら
  • 年末

    2014/11/14 21:37
    都心の金曜夜は人だらけ。と思ったら今日はほぼ年末!筆者はこのところ年末調整に忙しいので、都会の喧騒を横目に帰宅〜でもやっぱり金曜の夜❗️これらは置いておいて、晩酌に走るのでーす元の記事へのリンクはこちら
  • 七面鳥

    2014/11/11 21:16
    さて、今週日曜日ですよ〜Ke-yaki Potteryの七面鳥の日は!窯ではなく、バーベキューですっ どうぞお気軽にお問い合わせ下さ〜い!! 創作の秋!ハンドメイドを楽しもう!元の記事へのリンクはこちら
  • 開始!

    2014/11/08 21:12
    陶芸家のお仕事は陶器を作製すること〜実はこれはKe-yakiでも同じこと!?その本来のお仕事がKe-yakiにて佳境を迎えています!来年頭の展示会準備です。また改めてご案内させていただきま〜す1週間後の『陶房の宴〜秋』も着々と準備ちうですよ〜元の記事へのリンクはこちら
  • 秋らしく・・・

    2014/11/06 20:49
    おや?ここはどこ??すっかり秋っぽくなった我が家のご近所。秋晴れの日はスプレーマムの花々の色も鮮やか〜おや?数週間前に植えたばかりのサフランがもう咲いている〜っ!?もちろんオシベは取られてるけどねっ、我が家のコックさんに元の記事へのリンクはこちら
  • 入間航空際2014

    2014/11/04 21:12
    あーっ、もう素敵っ入間の航空際は我々の楽しみな年間行事です。茶畑から見上げる航空機はどれも貫禄あり〜!これらはどうやらC−1という機種だそうです。どっしりと空を支えてくれているようで・・・彼らが我らの家の上空をこんな風に舞うのは今回初めてだったような?でも、筆者のスマホ・カメラではカラスに見えかねないっ!?そしてブルーインパルス!彼らの飛行はため息が出ちゃいますぅ今回は鳥さんに邪魔されることなく♥・・・元の記事へのリンクはこちら
  • 感謝申し上げます。

    2014/11/02 21:20
    ぼーっとしてましたら、もう11月!そうですっ、感謝祭の月です!今年も大変お世話になりました!!やはり日本でもそれなりにお祝いしましょお問い合わせはいつでもお気軽にどうぞ!元の記事へのリンクはこちら
10件中 1-10件

ケーネン ジェームス
つくり手
ケーネン ジェームス
けーねん じぇーむす
プロフィール
ネブラスカ州オマハ Creighton大学にて、ウォレン・マッケンジー氏の技巧を直接継承するジェリー・ホーニング氏に師事。民芸の理念を軸に、自らの陶芸スタイルを築き上げる。2003年、埼玉県狭山市にケー焼陶芸として築窯。ガス窯、薪窯、にて炻器(Stoneware)を中心に作陶活動を続ける。