ケーネン ジェームス 2014年01月 記事一覧

24件中 1-12件
  • 一献

    2014/01/31 22:01
    青森のお酒「じょっぱり」という言葉を学んだばかりです。美味しいらしいですね〜どこかでお目にかかれるかなぁ?とスーパーマーケットで青森のお酒を手に取りました。クイクイとスムーズに瓶が底をつきます。金曜日ですもの!いきましょ、いきましょっ。って、君も一献いきますかっ!寒い夜はコレに限るもんね〜 冬でもぬくぬく♪私のお気に入りあったかアイテム!元の記事へのリンクはこちら
  • 計測技術

    2014/01/30 21:34
    近年、作品写真を撮影する際にそのサイズが分かるものを一緒に写す事を学びました。ネットショップによってはものさしを横に置いたり、CDを並べたり,,,結構色んなアイディアがあるものです。Ke-yakiも身の回りの物をぐるりと見渡し適当なものを探しますが、目で見る「尺度」って人によって感じ方が異なりますよね〜一升瓶をぐい呑みの横に置いてみたり、ひまわりを一輪挿しに挿しても常識を疑われちゃう!?(←そりゃ・・・元の記事へのリンクはこちら
  • やった〜やられた〜

    2014/01/27 20:59
    ずぼらで植えっぱなしの球根ですが、チューリップの芽がちゃんと出て来てくれました〜やったー!おっはよー!一方で、先日まだまだ熟してもらおうと収穫せずに置いておいたキンカン、なんと誰かにかじられた〜〜!犯人はだれだー!?元の記事へのリンクはこちら
  • ファゴット

    2014/01/26 21:25
    目の前で初めて拝見いたしました〜ファゴット。(英語では「Basoon」と呼んだ方が良いそうで・・・)演奏家 本田早紀さんが、打ち合わせにはるばる来て下さいました。音出しもされて、ムフフ、、いい感〜じっ!本番の四重奏がとーっても楽しみです。2月16日(日)ですよ〜お見逃しなく〜お聴き逃しなく〜〜!元の記事へのリンクはこちら
  • 大接近

    2014/01/25 20:31
    あれぇ〜、珍しいっ!彼らがこんなに近くで寝ちゃう事はほぼ皆無に近い現象。明日は雪かなぁしかも真ん中にネコのお人形をはさんでたりして〜きっとつい寝落ちしちゃったのね、スクーター?スクーター「あーっ!恥ずかしっ!!」 冬でもぬくぬく♪私のお気に入りあったかアイテム!元の記事へのリンクはこちら
  • 重ねる

    2014/01/24 22:13
    日本では収納が結構生活の重要な要素だったりまします。そんな中、意外と土ものの陶器は収納しづらいと思われがち。でもそんな事もないんですよ〜意識して見れば、こんなに重ねられているんです:角皿だったりー、片口だったりー、長皿だったりー、こんな時に「じぇじぇじぇ」って言うのが正しい使い方なのかしらん??元の記事へのリンクはこちら
  • 冷凍

    2014/01/23 20:51
    雪こそまだ本格的に降っていないこの冬、ちゃんと氷は張っています。雨も少ないのに、陶器の中ではちゃんと水がピーンと凍っています。そしてこのキンカン、我が家では今年記録的に実り始めました。(と言っても10個には届きませんが・・・)毎朝冷凍庫に入っているようなものだから、もうちょっと熟すのを待とうかな?元の記事へのリンクはこちら
  • 二重キャラ?

    2014/01/21 21:07
    スクーターは、(何度も言いましたっけ?)我が家の女王です。先住のネコとして気品を備えているのです。我らと同時に狭山に来て、いよいよ11年目。んでもやっぱり、仔猫の時の彼女が垣間見られると可愛くてたまりませんっ紐や糸を見つけるとホラ、この通り。でも、弟達(スティンキー猫とスパイク犬)にはこの姿は絶対見せないので〜す。クールなイメージは保つに限る!元の記事へのリンクはこちら
  • 黒の流行到来?

    2014/01/20 20:47
    最近、黒のつく題名が目につきますね。「黒子のバスケ」とか「黒執事」とか?ストーリーはあいにく存じ上げないのですが、話題性はありますよね〜 Ke-yakiでも「黒」って大きな存在なんです、、、つまり人気の釉。コレは得意の手びねり作品。こちらは宇宙的なブラック。黒は高級にも見えますね〜?元の記事へのリンクはこちら
  • 薪補充

    2014/01/18 21:47
    やはり燃料は大量に使いますね、いくら薪ストーブと言えども。日毎の薪補充に追われるようになってきました。木の種類によってツールを変えるようで、ミズキの枝はのこぎりらしい?中に潜む虫も少ない樹だそうで一方で同じようなサイズの山桜の枝からは、切ると中から虫が出て来るそう。と言う事で、きょうはのこぎりで切れる程度の木を集めて、ゴリゴリ、ザクザク、コレが本当の積み木なり〜元の記事へのリンクはこちら
  • 未完成

    2014/01/17 21:57
    スタジオで何か語るものがあるかなぁ〜と物色していると、陶芸家本人がコレだ、コレだ、と。オッケー「じゃ、写真撮らせてーっ」 「コレを撮るんだよ。」カシャッ、っと自らシャッターを切る陶芸家。 「ん?コレじゃ分かんないよーッ!!ビニール取ってー」 「ビニール取っちゃダメ、これで十分何が作成中かわかるよ。」 「へ?作ってる陶芸家本人は分かるかもしれないけどー」 「誰だって分かるよ〜」 って、まぁ、筆者の想・・・元の記事へのリンクはこちら
  • テーマ

    2014/01/16 21:54
    年間を通したイベントのテーマを考えちうなんです。食べ物あり、音楽あり、陶芸あり、これらテーマからは離れませんが! こんな技も我が家の陶芸家は習得しておりますし・・・こういうテーマは結構定着してきましたし・・・アレやコレや、絵に描いた餅にはならないようにしたいですしねぇ元の記事へのリンクはこちら
24件中 1-12件

ケーネン ジェームス
つくり手
ケーネン ジェームス
けーねん じぇーむす
プロフィール
ネブラスカ州オマハ Creighton大学にて、ウォレン・マッケンジー氏の技巧を直接継承するジェリー・ホーニング氏に師事。民芸の理念を軸に、自らの陶芸スタイルを築き上げる。2003年、埼玉県狭山市にケー焼陶芸として築窯。ガス窯、薪窯、にて炻器(Stoneware)を中心に作陶活動を続ける。