ケーネン ジェームス 2013年12月 記事一覧

27件中 1-12件
  • お会いできて嬉しかったです!

    2013/12/31 21:52
    今年は地方のフェアでお会いできたお客様はもちろんの事、地元でお会いできたお客様も増えてとても嬉しかったです。中には遠い所から我らの陶房にお越しいただいた方もいらっしゃり、お会いできたその瞬間瞬間が本当に生涯通して貴重な時間となりました。本当にありがとうございました。 中にはこんなお客様方もいらっしゃいました・・・いただきものもたくさんあって誠に恐縮です・・・そして同様に去年地元でお会いしたご家族・・・元の記事へのリンクはこちら
  • 2013年の出来事

    2013/12/30 18:33
    Ke-yakiの2013年は『地元』をテーマに企画→行動、してみました。って、この大晦日イブに言えば少しは格好つくかなと思いましたが、結局自分達流にしかならず反省だらけ 来年はもっともっと『地元』に貢献して地場産業化を目指したいですねこれ本気です、ドキドキ(↑コレ、狭山茶のお花です) さて我らKe-yakiの身辺では屋根の劣化が進み雨漏りも始まってた近年、今年いよいよ実行しましたっ、家の修復・・・元の記事へのリンクはこちら
  • 今年の締め

    2013/12/29 21:06
    今年最後の焼成がクライマックスに入りました。 お教室の生徒さんの作品の焼成だそうです。生徒さんにとっても2013年の総決算が詰まったガス窯です。 【お年玉プレゼントキャンペーン】 私の年末年始&新春の一枚!元の記事へのリンクはこちら
  • 純粋無垢〜

    2013/12/28 21:10
    今更その年齢で、周辺を飛び回る鳥さん達にびっくりするスパイク この環境に育ったくせに、そんなにビックリできる無垢なあなたがうらやましいよ〜ちなみに飛び回っているのはカラスとかじゃなくて、スズメやムクドリなの〜襲われた経験もないはず・・・?ごく平和に2013年も過ごせたはずなのに、なぜそんなにビックリするのぉ?【お年玉プレゼントキャンペーン】 私の年末年始&新春の一枚!元の記事へのリンクはこちら
  • 位置関係

    2013/12/27 22:04
    スクーターが一旦「ココは私の場所ー!」って決心すると、その意思の強さは目を見張ります。 スタジオ内の肘掛け椅子を巡る『スクーターvs.陶芸家』の戦いはかれこれ数ヶ月続いていますが、戦いに破れた時のスクーターはイタズラ素材を探しに、アッチをキョロキョロ; コッチをキョロキョロ;そして肘掛け椅子を奪還するとこの通り〜ホッ;ヒーターは薪ストーブひとつの我が家の年末年始(筆者が休日で住人が増える)は・・・元の記事へのリンクはこちら
  • Merry Christmas 2014

    2013/12/25 21:29
    食べ物の話がどうも多くなり恐縮です・・・クリスマスデーはチキン!一応2日間だけ、我が家の内側もクリスマスらしくしてみたりして・・・そして、ダーン! 「陶芸家」兼「(知る人ぞ知る)シェフ」のケーネン ジェームスもスパイクとサンタクロースになってみたりして・・・Very Merry Christmas!元の記事へのリンクはこちら
  • 窯場のクリスマス!?

    2013/12/24 21:17
    今宵、クリスマスイブはと〜っても素敵な星空です上空にオリオン座、星の下にはKe-yakiの窯場;こちら陶芸スタジオ内ではいつも通りの夕食;作陶の台では我が家のアイドル達がいつもに増して「遊ぼー、遊ぼー」これで窯場のメリークリスマス!元の記事へのリンクはこちら
  • 武蔵野山居

    2013/12/23 10:08
    ところで!絵画造形教室の生徒さん達とクリスマスパーティーで食したのはイタリアンです。この辺りでは珍しい(?)、窯のあるピザーラで総勢25人程が本格イタリア料理を満喫。子供達はピザを作る事も体験しつつ。。。グリッターアートと同じ感覚なのかな、あっと言う間にみんな作り上げて窯の前に行列。そりゃぁもう、ちゃんとケーキも登場です♥合間、合間に子供達は外で遊びながら、コース料理を堪能しました 大人も十分満足・・・元の記事へのリンクはこちら
  • グリッターアート

    2013/12/22 19:09
    こども絵画造形教室「センス・オブ・ワンダー」さんのクリスマスパーティーに参加させていただきました。美術教室のクリスマスパーティーですからクリエイティブな内容満載のパーティーですっ。生徒さん達が今回挑戦したのは『グリッターアート』。筆者が『グリッターアート』とは何ぞや〜?と探っている間に、さすが小さなアーティストさん達の集まりです、その場でどんどん芸術が生み出されてました。これは先生のお手本、やはり・・・元の記事へのリンクはこちら
  • 今年のレビュー?

    2013/12/22 11:07
    さ〜て、今年を振り返る時期になりました。基本、筆者自身あまり後ろを振り返らず猪突猛進型なのですがお仕事はそうはいきませんねぇ。しか〜し、毎年反省しながら翌年同じ事を繰り返したりしてますが・・・今年はお皿各種にも力を入れたつもりでした。結果をどうとるかは別として!?元の記事へのリンクはこちら
  • 色味

    2013/12/19 21:33
    1年のこの時期になると、街が彩り豊かになります。気持ちが自然に持ち上がるようになっていますね。X'mas色のKe-yakiというと、やはりマジョリカ焼きでしょうか?こんな色の組み合わせもありました。そしてかなり微妙?これを色味と言うかどうかは別として、グラデーションの繊細さが色素の見える人間の目をくすぐります!?元の記事へのリンクはこちら
  • 威嚇?

    2013/12/18 21:27
    メラメラ、パキパキ言いながら揺れる炎に向かって、盛んに吠えるスパイク。 何を思ってか、薪ストーブにわざわざ挑んでいきます。ま、長くは続かず直にこの通りですけどね。。。元の記事へのリンクはこちら
27件中 1-12件

ケーネン ジェームス
つくり手
ケーネン ジェームス
けーねん じぇーむす
プロフィール
ネブラスカ州オマハ Creighton大学にて、ウォレン・マッケンジー氏の技巧を直接継承するジェリー・ホーニング氏に師事。民芸の理念を軸に、自らの陶芸スタイルを築き上げる。2003年、埼玉県狭山市にケー焼陶芸として築窯。ガス窯、薪窯、にて炻器(Stoneware)を中心に作陶活動を続ける。