結構な面積でしたが、我らのシェフ兼陶芸家が「柿渋」をせっせと塗りました。「柿渋」は昔ながらのいわゆる「ペンキ」、防虫、防水にもなるとも言われ、我々も飛びついた感じです。

木目があっていい感じに仕上がりましたが、これから更にお客様に踏んでもらって落ち着いた雰囲気になりますように。これからKe-yaki Kitchenを支えていってくれないとね!大変な役割だとは思うけど…😝

ケーネン ジェームス 新着記事

耳

2017/06/23 20:36
目

2017/06/22 20:43
鼻

2017/06/21 21:01

2017/06/20 12:18
扉

2017/06/18 21:34
床

2017/06/17 21:04
Facebook コメント)
Twitter
comments

ケーネン ジェームス
つくり手
ケーネン ジェームス
けーねん じぇーむす
プロフィール
ネブラスカ州オマハ Creighton大学にて、ウォレン・マッケンジー氏の技巧を直接継承するジェリー・ホーニング氏に師事。民芸の理念を軸に、自らの陶芸スタイルを築き上げる。2003年、埼玉県狭山市にケー焼陶芸として築窯。ガス窯、薪窯、にて炻器(Stoneware)を中心に作陶活動を続ける。