日紫喜 友紀 2014年06月 記事一覧

2件中 1-2件
  • ありがとうの香 向日葵色のご紹介

    2014/06/12 08:20
    湿度が高くなるこの頃、香を焚くと 匂いがひろがりやすくなります。昨日から入梅、梅雨入りへ。【ありがとうの香り 新色 向日葵色のご紹介】 ひまわり色に近づけて、日々元気になりますよう選ぶ愉しさを~の声もとりいれ登場しました♪なまえ香は お客さまはじめ関わってくださ…
  • あじさい

    2014/06/06 07:31
    濃紫陽花 雨の匂ひに 語りかけ(こあじさい あめのにおいに かたりかけ)雨や雨粒に紫陽花が話しかけて会話をしているような紫陽花と雨の場面を詠んだ句です 梅雨の風物詩 紫陽花(あじさい)万葉集の頃に「あじさい」と呼ばれて、その後この言葉は消え「七変化」そして「天麻…
2件中 1-2件

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前で香を創るオーダーメイド商品。名前(言葉)の響きを研究し数値化にされた理論もとりいれて独自の方法でおひとりずつ仕立てます。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。香しさのあるあなただけの香で特別感や存在価値を感じていただく。大切な人への贈り物として、またご自分で身につけていただけたらと思います。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌そして俳句によって導かれた言葉の響きそして香との繋がり、一歩ずつ歩いてみたら商品になりました。京都老舗香木店さま調香により詩歌(紫式部)を印香に作成し高島屋日本橋店期間限定展示販売から、第2回京都文化ベンチャーコンペティションで香と詩歌を提案「ロマン・吉忠賞」。2011女性デープレゼンテーションコンテストで「フジサンケイビジネスアイ賞」を機会にモニター調査開始。第5回京都文化ベンチャーコンペテーション京都中央信用金庫賞をきっかけに商品化。2013年京都高島屋京都いいMONO再発見から展開。2017年第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。
URL http://namaekou.jp