日紫喜 友紀 はるのことば 記事一覧

11件中 1-11件
  • 桜と清明とことば(1)

    2016/04/04 16:16
    清明(せいめい)の言葉の調べ今年は4月4日から~2015年に掲載した内容ですがお手すきにぜひ読んでくださいませ☆・・・・・・・・・ うららかな春 桜も開きはじめ、満開になりつつ♪ 4月5日から【清明 せいめい】言葉から、濁りのない透きとおる響きがします。二十四節気「…
  • 春分のことばから(2015年記事)

    2016/03/22 17:15
    花咲き、春の色になりはじめてきました芽吹く木々や花の匂いがかすかに届いてきます♪今年は3月20日からしゅんぶん去年綴った文章ですが、お手すきに御覧くださりますよう春分(しゅんぶん)朝夜の時間がほぼ等しくなりはじめます。 とてもぽかぽかあたたかな日となり 桜の花も…
  • 桜と清明とことば(2)

    2015/04/05 08:37
    桜のことば花のことばは、溢れんばかり♪京都の「花冷え」は特に有名といわれています。桜が爛漫と咲く景色を「花の雲」桜の頃の雨は「花の雨」雨が降るとなぜか桜のことが心配になります・・・「花散る里」桜の花が散る里辺の風情のことやそうです。 そして桜の状態にも言葉が存在…
  • 雨 水(うすい)

    2015/02/19 08:00
    かすかな春の匂いのはじまり。 二十四節気のひとつ「うすい」 今年は2月19日より (陽気地上に発し、雪氷とけて 雨水となればなり) 雪が溶けて雨にかわる。 繊細な水の音のことば「ささらぐ」「せせらぎ」「さらさら」など川、湖、田などの春の水を想像します♪ ですが、寒さ…
  • 清明☆京都桜

    2014/04/05 08:00
    今日から「清明(せいめい)」清々しい濁りのない透きとおる響きがします。日差しも日に日に明るく、風も心地よくなりはじめます色とりどりの花も咲きはじめて景色は明るい風もそれぞれに変化、この時期は桐花(とうか)。そして、美しく咲き溢れる桜は今だけの空間。重なりあい、…
  • 梅の香

    2014/02/06 10:26
    梅ちらほらと咲き始めてますねまだ、底冷えする時期に、どの花よりも真っ先に咲く逞しさ!花といえば、梅。といわれた万葉の遥か昔梅の歌がたくさん詠まれています♪梅の香気にあふれた華やかな空間だったのでしょか~梅と同じ ことばの季語で、春告草(はるつけぐさ)という言葉…
  • 穀 雨(二十四節気)

    2013/04/22 18:28
    穀 雨 4月20日~ 二十四節気 乱れないリズムが心地よい響きの言葉 (春雨降りて 百穀を生化 すればなり) 穀物を潤す、恵みの雨のとき。 やわらかで、やさしく降ります。  走行音で気づく春の雨 雨上がり葉の上の雨粒の輝き 降りしきるというより…
  • 清 明(二十四節気)

    2013/04/05 06:02
    清 明 気持ちいいほど無色、透きとおる響きの言葉♪ 4月5日 二十四節気 (万物発して 清浄明潔なれば 此芽は何の草としれるなり) 街も人もなにもかもが清々し~。空も明るい雰囲気ピンク、イエロー、オレンジ、ホワイト・・花々満ち、それに反射する日差し影も何もかも…
  • 桜のことば

    2013/03/29 07:00
    おはようございます。花見の時期ですね今回は、桜の言葉を集めました。花吹雪、花筏、花一重花あかり、花冷え、花曇初桜、枝垂桜、夕桜、夜桜、花あかり、花陰、花の雲(桜が爛漫と咲く景)花の雨(桜の頃の雨)落花、散る桜、花吹雪、飛花、花屑・・・もっと、あふれてきそうでど…
  • 春 分(二十四節気)

    2013/03/20 06:06
     一転するほどの進歩さと、 底深く儚い感情が対比する響きの言葉。3月20日 二十四節気のひとつ日天の 中を行て 昼夜等分の時なり(玄鳥至,雷乃発声,始雷)昼と夜の長さが同じになるときこの頃は、春を身体で感じてきました。そして旅立ち、出会い、別れの季節・・ひと…
  • 啓 蟄(二十四節気)

    2013/03/05 07:00
    すっきり爽やか、清々しく進歩する響きの言葉♪ 陽気地中にうごき ちぢまる虫 穴をひらき出ればなり 3月5日。 冬、土の中にこもっていた虫(啓蟄)が 戸を啓いて出てくる時期がやってまいりました。 春は、やわらかな匂いがする。窓から射す、日差し 昼下…
11件中 1-11件

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前で香を創るオーダーメイド商品。名前(言葉)の響きを研究し数値化にされた理論もとりいれて独自の方法でおひとりずつ仕立てます。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。香しさのあるあなただけの香で特別感や存在価値を感じていただく。大和言葉ならではの情景情緒で伝わる心もち。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌そして俳句によって導かれた言葉の響きそして香との繋がり、一歩ずつ歩いて商品になりました。京老舗香木店さま調香により詩歌(紫式部)を印香に作成し高島屋日本橋店期間限定展示販売、第2回京都文化ベンチャーコンペテションで香と詩歌提案ロマン・吉忠賞。2011女性デープレゼンコンテストで「フジサンケイビジネスアイ賞」を機会にモニター調査開始。第5回京都文化ベンチャーコンペテション京都中央信用金庫賞。2013年京都高島屋京都いいMONO再発見から展開。OMOTENASHISELECTION2016受賞。第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。☆俳人亡塚腰杜尚(山口誓子系)師事。㈳俳人協会会員