なまえ香のこと。


なまえ香 ご覧くださいまして ありがとうございます
 

日々お届け進めております
お時間ありがとうございます


ホームページから見つけていただいたり、
紹介してくださった方の記事をみて
プレゼントされた方が利用くださったり、
友達が持っているのを知って・・など

ご注文ありがとうございます。



なまえ香のこと、なまえ香の内容、そして深い想い・・
伝えることができればと思い続け、少しずつ
ブログで書いていくことで、知っていただこうと思っております。

 

                                         【写真:京都府宇治市紫式部像】
 


●なまえ香は「名は体を表す」という恩師からの
考えのもと、
名前に込められた愛情や想いを言葉の力=
エネルギーとして捉え、家族が守ってくれているような
あたたかな感覚がその人の存在価値や特別感へと繋げる
考え方です。


●言葉の表情(響き・音など)イメージの部分を50年以上
もかけ研究している恩師が解いた数式と理論。
日本の言葉(大和言葉和語祖語)ならではの奥深いものを
科学的に解析し客観的にされました。

これを香で表現し、美しい言葉はじめ情緒や情景を
残していこうという想いがあります。

言葉の表情を学ぶひとつとしての俳句や詩歌~
時間を忘れるほどに詠み、学び、知ることは、
自身が言葉の響きの美しさに解きほぐされているのやと
感じています。


もののあはれという日本ならではの感性
香りにちなんだ物語や歌、
源氏物語と京の人々
文学的な感性を感じます。

                               【写真:紫式部の香なまえ香・京都嵐山時雨殿販売】
                                           

そして春。
この季節ならではの京の情景情緒そして美は、
今昔も変わりありませんようにと詠み
感性を研ぎ澄ましてもらいます。

京にゐて 都をどりも 久しぶり


花供養 はじまるらしき 鐘の音


あたたかや 挨拶長き 京言葉

                     (田畑三千女の句)

 言葉そして名前の表情(響き・音)を学ぶ上で、
必ずや先生からは、主観を入れてはいけないと。
香を仕立てる上でも、解析はもちろん、工程で
主観が入らないよう、日々五感を研ぎ澄ます。
詩歌はじめ俳句を詠むことで、もののあはれの感性に
鈍感にならぬよう心がけ、推敲するように
清々しく、瑞々しさのある香が、伝わりますよう。

期間限定
☆母の日 おかあさん ありがとうの香 販売はじめました☆
詳細は➡https://minne.com/items/8655223



な ま え 香

Facebook コメント)
Twitter
comments

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前で香を創るオーダーメイド商品。名前(言葉)の響きを研究し数値化にされた理論もとりいれて独自の方法でおひとりずつ仕立てます。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。香しさのあるあなただけの香で特別感や存在価値を感じていただく。大切な人への贈り物として、またご自分で身につけていただけたらと思います。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌そして俳句によって導かれた言葉の響きそして香との繋がり、一歩ずつ歩いてみたら商品になりました。京都老舗香木店さま調香により詩歌(紫式部)を印香に作成し高島屋日本橋店期間限定展示販売から、第2回京都文化ベンチャーコンペティションで香と詩歌を提案「ロマン・吉忠賞」。2011女性デープレゼンテーションコンテストで「フジサンケイビジネスアイ賞」を機会にモニター調査開始。第5回京都文化ベンチャーコンペテーション京都中央信用金庫賞をきっかけに商品化。2013年京都高島屋京都いいMONO再発見から展開。2017年第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。
URL http://namaekou.jp