紫色のこと(失敗編)



売り歩く生活をはじめて最初の頃に出会った鍛金の作家さんの作品に表面が紫色の銅のものがいくつかあって、これいいなぁ、と思って作り方などを訊いてしばらく経つのですが、先日某イベントで再会した時にあらためてやりたいと思ってやってみました。
…結果は失敗だったのですけれど。


踏み出せなかったことの一つは材料です。
紫色の出し方は、はじめに硫化カリ溶液(お湯)に対象物を入れて黒化(硫化)させます。
次に煮色液(お湯に緑青と硫酸銅)で煮るということです。
薬局で硫化カリは買えるそうですが、チェーン店ばかりの近所の環境ではあっさり断られるばかりでした。
緑青は高いので買うのを躊躇してしまいました。


やろうと決めるとなんとかなるもので、硫化カリは入手出来ました。
緑青も、買ってみてわかったのですが、煮色液1.8リットルを100回つくれる量です。1回100円です。。。


硫化カリを溶かしてみると普段使っている黒化液と色もにおいも全く同じに感じます。


お湯に硫化カリ(黒化液)を入れたら、定着をよくするために塩化アンモニウムを少し入れます。


そこに品物を入れるとあっという間に黒くなるのはいつもと同じです。


硫化カリのものと黒化液のものですが、仕上がりも全く同じに感じます。


次に煮色の作業です。
これで煮れば表面が紫色になるとのことですが色が変わりません…。


しばらく煮ていたら、表面の黒がボロボロ取れてしまいました。

作家さんのは綺麗な紫色なので、これはどうにかして成功させたいですね。

たがや 。 新着記事

伊勢エビ(改良型)
伊勢エビ(改良型)
2017/11/07 10:29
首輪をつくりました
首輪をつくりました
2017/10/22 03:23
モクズガニ
モクズガニ
2017/09/25 09:37
編み込みリング
編み込みリング
2017/09/15 17:18
ゲンジボタル
ゲンジボタル
2017/08/24 10:19
Facebook コメント)
Twitter
comments

たがや 。
つくり手
たがや 。
たがや 。
プロフィール
OZONEクラフトマーケット2013 【第2期4Fで出展予定です。】

2010年頃より金属板を切って曲げて動物や虫のオブジェ、アクセサリーをつくっています。隙をついてそうじゃないのもつくってます。もともとは木工とかバンドマン志望だった気がします。2012年よりクラフトフェア等で展示、販売しています。
OZONEクラフトマーケット