「紙の温度」様でもお取り扱い開始!

”カルトナージュの先生方や紙を使う方なら知らない人はいない ”

”ここに行けばどんな紙でも出会える”

と言われるほど、紙が豊富に揃っている
名古屋の「紙の温度」様にて、弊社「しけ絹紙」をお取り扱い頂けることとなりました。



千葉でカルトナージュのお教室をされていらっしゃる
le cube」様の作品がこちらです。
光沢感があり、豪華な装いに。
作品を置いている紙も実は絹紙です。
絹紙の上に置く事で、絹独特の柔らかい光が当たり、引き立たせてくれます。


Facebook コメント)
Twitter
comments

新しいインテリアファブリック「しけシルク」

松井 紀子
つくり手
松井 紀子
まつい のりこ
プロフィール
東京生活8年目にして、絹織物に魅せられ2010年にUターン。明治10年より続く家業を継ぐことに。「しけ絹の宿縁の中で生かさせて頂いているのだと日々実感しています。」

LADE様にご紹介頂きました。
http://lade.jp/articles/people/37457/

懐かしき未来への旅、南砺。
https://youtu.be/ZiK0Yihr2Vw
NIPPON MONO ICHI