A’-3ダイアログ その前に

 

 

 

「自分で作るときは、やらないよ この作り。 …しません!(断言) 近藤さん 強引だなー」

 

 

 


A-3 カブトムシ・2wayショルダー

これは、現存するクラシックライン(A品番)をベースに村松が新しい鞄を作るという、

創業者:近藤発信、鞄を通じて2人が綴る不定期更新コンテンツです。

 

 

 

今回は、作ったことがないということで本家A-3の製作からスタートしました。

経験も兼ねてカットから行います。


普段から作り慣れているベテラン:橋本から、ものの3分程で要点のみ説明が終わり

 


不思議な曲線や分厚いパーツをさくさくカットし、

途中、ふと考えながら、教わりながらの作業。


初めて製作するものも、作業の中で少しずつ工夫をしながらなのだろうと推測されます。


 

 

そうして、カブトムシたる由縁の部分まで到達しました。



 



 


うーーん・・・


無理矢理感が半端じゃないよ・・・

そのくせ力任せに曲げると割れちゃうし、

 

そう、本家A-3は、ユニークなあのパーツが最大の難所、HERZきってのパワープレイと

繊細さ(コツ?)が発揮される鞄なのです。

 

 

 

作り終わって一言。

自分で作るやつは、やらないよ この作り。 …しません! 近藤さん強引だなー

 

 

 

でも魅力は何といってもこの独特のフォルム。絶対に他にない。
使い勝手も完全に無視してる。


この取っ手持てないし、ポケット最初は何も入らないよ。
でもそんなことも許せるくらいおもしろい形ってことなのかな?

ここまでつきぬけられると、その使いづらさも魅力になっちゃってる、
そんなのあり?って感じだよね。


 

 

 

 

そうして本家を作って数日のこと


いいこと思いついたんだ~

 

 

岡松

今回のモデル:カブトムシ 2wayショルダーバッグ(A-3)

 

A’ダイアログはこちらから

過去の試作レポートはこちらから

HERZ本店紹介ページへ

 

HERZ(ヘルツ)ブランドサイト

HERZ(ヘルツ)公式通販サイト

The post A’-3ダイアログ その前に appeared first on 革鞄/レザーバッグのHERZ(ヘルツ)公式ブログ.


Facebook コメント)
Twitter
comments

革鞄の手作り工房 HERZ[ヘルツ]
HERZの作り手たちが、入れ替わりで
日々のヘルツを綴っています。

根津 正伸
つくり手
根津 正伸
ねづ まさのぶ
プロフィール
HERZ(ヘルツ)は2014年で創業40周年を迎えました。渋谷に工房とショップを構え、大小さまざまな鞄や小物を日々作り続けている革製品専門のメーカーです。革鞄と共に過ごす、楽しさ。喜び。それをお伝えすることが、HERZの願いです。