ヘルツの鞄と経年変化

こんにちは。

ヘルツ本店の鈴木です。

今回はヘルツ鞄のエージングについてお話いたします。

 

ご存じの方も多いと思いますが、ヘルツではあまり加工を施していない
自然な風合いを大切にした革を使用しています。

その為、年月を重ねることにより、色の変化、ツヤ、使用感、
などがでて風合いを増していきます。

私たちはそれを「味」と表現します。

 

ヘルツでは主にオリジナルレザーを使用して鞄などを制作しています。

作り手が仕上げた鞄がお客様の手に渡り、年月を重ね「味」を出す。

その時、初めて本当の意味でヘルツの鞄になるのだと私は思っています。

 

使用していく中で大切なのはレザーオイルです。

革に栄養を与え、老化を防ぎます。

ヘルツではラナパーオイルをオススメしています。

植物性のオイルで油分が弱めです。

油分を吸収しやすいヘルツオリジナルレザーには適していると思います。

動物性の油分の強いものだと、オイルが浸透し過ぎてしまいます。

オイルが入り過ぎてしまうと、形が崩れやすくなったり、ベタついたり、
革が伸びてしまったりすることがあります。

動物性のオイルを使用する場合、仕上げに乾拭きをオススメします。

 

 
それでは良い味のでた鞄を紹介します。


迫力のWポケットリュック(C-9-CH)
使用期間:2年間ほぼ毎日(右)

 


ギボシ留めショルダー(B-100-M-CA)
使用期間:14~15年ほぼ毎日(右)

 

 





歴史が刻まれています

 

 
色々お話しましたが、オイルを塗る方、塗らない方、毎日使う方、たまに使う方、
天候によって使い分ける方、様々な使い方があると思います。

「味」の感覚も人それぞれです。

永く使用して頂く上で、オイルは必要だと思いますが、
色々な使い方があって個人的には好いと思います。

私も色々な経年変化をした鞄を見てきました。

こまめにお手入れされている鞄、お手入れされていない鞄、
シミだらけの鞄、ひび割れている鞄、形の崩れた鞄。

その一つ一つがオリジナルのエージングであり、
愛着、歴史、思い出の詰まった鞄でありヘルツの鞄であると私は思います。

 
良きパートナーとなれるような商品をこれからも生み出したいと思います。
ヘルツ本店:鈴木

 

*革によってお手入れ方法が変わります。

お手入れになどのご案内

スタッフも愛用している鞄をご紹介

 

 

青山本店の紹介ページへ



HERZ(ヘルツ)ブランドサイト

HERZ(ヘルツ)公式通販サイト

メルマガ: 鞄工房ヘルツのあれこれ

Twitter: ヘルツイッター

Facebook:HERZ公式Facebookページ

The post ヘルツの鞄と経年変化 appeared first on 革鞄の手作り工房 HERZ(ヘルツ)公式ブログ.


Facebook コメント)
Twitter
comments

革鞄の手作り工房 HERZ[ヘルツ]
HERZの作り手たちが、入れ替わりで
日々のヘルツを綴っています。

根津 正伸
つくり手
根津 正伸
ねづ まさのぶ
プロフィール
HERZ(ヘルツ)は2014年で創業40周年を迎えました。渋谷に工房とショップを構え、大小さまざまな鞄や小物を日々作り続けている革製品専門のメーカーです。革鞄と共に過ごす、楽しさ。喜び。それをお伝えすることが、HERZの願いです。
このつくり手をLike
ピックアップ商品
HERZ/ボックスワン・ベルトポーチ チョコ
ズボンのポケットがわりに!必要なものが収まるベルトポーチ
関連商品