風合いも手づくり

2017-03-05 09.56.45.jpg
ひよどりが、みかんの木に遊びに来る春の日。
ポカポカ陽気で、お洗濯日和。
そんな日は、生地の洗濯加工をします。

生地とくに麻は、繊維の太さや織りの細かさによって、
風合いが様々。
肌に触れる部分には、なるべくやわらかなものを…で、風合いも手づくりします。

調達した麻の生地を、まず洗濯機でお洗濯。パリッとさせていた洗濯のりを落とします。
続いて手洗い。たらいで、ゴシゴシゴシゴシ…
これでもか!というぐらいにもみほぐして、繊維のゴワゴワ感を取ります。最後に柔軟剤ですすいで脱水。
風通しのいい木陰で干して…ふぅ…

ひと手間かけた風合い、思った通りのやわらかさに仕上がった!
この生地、さぁ、どんな帽子に生まれ変わるかな?

吉岡 久美子 新着記事

夏の絵日記
夏の絵日記
2017/08/06 16:10
また、酔わされて…
また、酔わされて…
2017/07/17 07:49
紫陽花
紫陽花
2017/07/06 09:17
桜雲
桜雲
2017/04/18 16:41
Facebook コメント)
Twitter
comments